ゆめパラティース

105歳を迎える長寿者 尼崎市長が祝福

|

 尼崎市の稲村市長は、長寿者表敬訪問として105歳を迎えられるご入居者様を訪ねられ記念品を手渡されました。4階のリビングで、ご入居者様やご家族様が集まる中、稲村市長は「一番大変な時代を生き抜かれ、日本を支えて来られた方々です。心から感謝と敬意を表したい。今後もお元気に過ごしてください」と述べられました。

市長から「長寿の秘訣は?」と質問されるとご入居者様は「腹八分目、医者いらず。いつも食事は腹八分で健康です」と答えられました。

ご家族様も大変喜んでおられました。市長は、施設ご利用者の皆さんに「おいくつになられますか」「すごくお元気ですね」などと稲村市長から言葉をかけられ表敬訪問は終始和やかな雰囲気でした。

歓談の後、稲村市長は「初めて施設を見せてもらいましたが、高齢者の方々がお元気で、いい顔をされているのにびっくりしました。職員の皆さんのお世話が良いのでしょうね」と感想を述べておられました。

                                       IMG_6036       IMG_6034

                                       IMG_6078                  IMG_6040

ブログ一覧へ