地域包括支援センター

【中野地域包括支援センター】『なかののつどい』元特攻隊員の方にお越しいただきました!

|

7月家族介護支援事業「なかののつどい」は、

“特攻を語り継ぐ会” の方にお越しいただき、元特攻隊員だからこその貴重なお話を伺うことができました。

P1070953_R

映画やテレビでしか知らない、特攻隊。

特攻の目的はただ死ぬこと。

特攻命令を受けてからは、その日が自分の命日になるので、どうせ死ぬなら何のために死ぬのか。

自分を納得させられる意義を見出す葛藤の日々を過ごされたそうです。

私が考えていた意義とは違い、

講師は『四季折々の美しい祖国と大好きなお袋を守るため』と仰っていました。

講演のボランティア活動は亡くなられた仲間のためにも取り組まれているそう。

参加者の方は70代・80代と高齢の方ですが、参加者も職員も涙する場面もあり、

心に響くものを皆さん持ち帰ってもらえたと思います。

平成最後の夏に、貴重な生のお話。

改めて何気ない日々こそが平和であり、幸せであると感じました。

 

 

 

 

 

ブログ一覧へ