地域包括支援センター

【都島区北部地域包括支援センター】第25回ケアマネ*北部包括*交流会

|

平成30年2月15日(木)大阪市立総合医療センターさくらホールにて

第25回ケアマネ*北部包括*交流会を開催しました。

テーマ「地域包括ケアをすすめるためには…」

~それぞれの立場から課題を考える~

今回は、他職種が総勢141名集まりました。

 CIMG2388  DSCF6178

前半は、各専門職によるシンポジウム。後半は、「それぞれの立場からの課題の共有」をテーマにグループワーク。

~シンポジウム~

「急性期病院の現状と課題」 大阪市総合医療センター 医療ソーシャルワーカー 竹内志布子氏

「住み慣れた地域で暮らし続けるために…包括としての役割」 社会福祉士 林智子氏

「オレンジチームの役割と効果的な連携に向けて」 都島オレンジチーム チーム員・推進員 眞鍋さよ子氏

「ケアマネジャーとして求められること」 ケアプランセンターゆいか 介護支援専門員 甲田喜代美氏

「他職種連携における訪問看護の立場と考え」 なないろ訪問看護ステーション 看護師 村田ひろ子氏

「地域連携の課題~地域の医師の立場から~」 いんべ診療所 医長 忌部周氏

 

 

DSCF6163    CIMG2392

「退院調整」「地域が主体で地域を支える」「認知症の早期発見・対応の必要」「 医療と介護の連携」など

が「地域包括ケア」が大切だということ共有できる交流会でした!

後半のグループワークは、情報共有と交流が深まる時間となりました。

DSCF6179  DSCF6195

最後に、みんなで記念撮影しましたー!

 

ブログ一覧へ