土用の丑の日

7/28は土用の丑の日ということで、

皆様にうなぎ丼を召し上がっていただきました。

土用とは、「季節の変わり目の約18日間」のことで、

本来は立春・立夏・立秋・立冬の直前に年4回あります。

夏の丑の日は身体を労り、精が付くものを食べるという風習があり、

定番となっている食材が「うなぎ」です。

うなぎには免疫力向上、疲労回復効果があるビタミンA・B群が豊富に含まれています。

スタミナ食材のうなぎを皆様「おいしい」と普段よりお箸の進みが速く、

皆様完食されていました。