SDGS始めました!

隆生福祉会では、社会福祉法人の使命として地球上の「誰一人として取り残さないこと」
を掲げているSDGs各々のゴール達成に向けて事業と活動を進めて参りましたが、
今年度からは保育園でも積極的に取り組んでいくこととなりました。

まずはらいおん組の子どもたちにカラフルな絵本を読み聞かせ、SDGSのお話をしました。

「このマーク見たことがある!」「〇〇で見たよ!」「うちのママ、このバッジ付けてる!」

と子どもたちの日々の生活の中にも自然と密着していた様子です。

さらに分かりやすくするために、「怒っている地球を笑わせてあげるには?」

と、数日前に行った気持ちの時間の内容に繋げていきました。

すると、「〇〇すればいいんじゃない?」「地球と太陽って…」など

知っている知識をたくさん教えてくれる子どもたち。

そこで一人ひとり目標を掲げることにしました。

それぞれ想像力を膨らまし、年長さんらしい目標ができましたよ。

最後には「言うだけじゃなくて本当に頑張るね!」と

頼もしい言葉も聞かせてくれました。

目標を持って苦手なことや難しいことにチャレンジしようとする気持ちを

持つことがSDGSの第一歩になればいいなと思っています。