地域包括支援センター

【都島区北部地域包括支援センター】第32回ケアマネ*北部包括*交流会 ご報告

|

令和元年10月15日(火) 大阪市立総合医療センター さくらホールにて、『第32回ケアマネ*北部包括*交流会』を開催しました。

『私たちにできる意思決定支援とは何か』

今年度のテーマである『意思決定支援』について専門職のみなさんで考えるため、ケアマネージャー・介護サービス事業所・医療関係者など100名近い方々にご参加いただきました。

自立支援型ケアマネジメント検討会議の現状報告を行ったあとは、認知症高齢者の支援 2事例を検討し、それらを踏まえて意思決定支援についてのグループワークを行いました。

今回の事例で、医療や地域との情報共有、連携の大切さを再確認し、また、グループワークでは、連携についての疑問点やみなさんが抱える支援の大変さ、意思決定支援についてのそれぞれの意見を語り合い、大変有意義な時間となりました。

スーパーバイザーである錦織氏が最後にお話しされた「我々の情報の伝達の仕方によって情報が操作されてはいけない。」という言葉が大変印象的でした。

お忙しい中ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

IMG_0415 IMG_0425 IMG_0408 CIMG6571

ブログ一覧へ