社会福祉法人 隆生福祉会

竣工式を行いました

|

4月の開園に向けて建設を進めていた「ゆめ玉造保育園」。

先日、ついに園舎の完成を迎え、

3月29日には、開園に向けてお世話になった方々、地域の方々など

多くの関係者・ご来賓の方々をお招きし、無事に竣工式を行うことができました!

六文銭 IMG_1177

天気にも恵まれ、晴れやかな青空は、ゆめ玉造保育園の新しい門出をお祝いしてくれているようですね :-D

 

はじめに、藤本理事長より、無事に今日のこの竣工式を迎えられた喜びや、

新しい園舎に込めた思いをお話させていただきました。

IMG_1279

 

次に、ご来賓の大阪市天王寺区の西山忠邦区長にご祝辞をいただきました。

お忙しい中、お祝いにお越しくださり、ありがとうございます!

IMG_1281

 

そして、このすばらしい園舎の設計・施工をしてくださった、

株式会社都市環境設計様・日本建設株式会社様に感謝状を送らせていただきました。

IMG_1283 IMG_1288

また、短い工期のなか、ご尽力くださった同社の現場担当の方々には、サプライズで花束を贈らせていただきました!

何もお知らせしていなかったので、驚かれたと思いますが、喜んでいただけたようで良かったです :-)

本当にお世話になり、ありがとうございました!

IMG_1293 IMG_1299

 

最後に、大谷園長より、ご列席いただいた方々への感謝、新園に向けての抱負などを述べ、

竣工式の結びのご挨拶とさせていただきました。

IMG_1305

 

さて、ここからは祝宴が始まります!

まずは、フランス在住のピアニストである、泉・ショヴィノー・真理子さんによるピアノ演奏です。

真理子さんは、ご自身の”帰国コンサート”のたび、ゆめ中央保育園や特別養護老人ホーム ゆめあまみ、特別養護老人ホーム ゆめパラティースでもコンサートを開いてくださるなど、隆生福祉会とは深いご縁のある方です。

今回は、竣工式のために、フランスよりお越しくださいました!

IMG_1316

 

素敵なピアノ演奏のあとは、フィンランドと日本の交流を推し進めるHANAKOネットワークのプロジェクトリーダーである、シリエ・ハッシネン氏に乾杯のご挨拶をいただきました。

シリエ氏も、今回の竣工式のために、フィンランドよりお越しくださいました!

IMG_1318

「乾杯!Kippis(キッピス)!」

日本語・フィンランド語、両方でのご発声をきっかけに、祝宴が始まりました。

3Fホールには明るい光が差し込み、会場は和やかな雰囲気に包まれました。

 IMG_1335

皆さま、お忙しい中ご出席くださり、ありがとうございました。

 

4月6日は入園式です。

ここからが「ゆめ玉造保育園」本当のスタートとなります。

職員一同、日々努めてまいりますので、これからもよろしくお願いいたします!

建設現場より⑥ ~六文銭の窓~

|

3月に入って、工事も佳境に入りました!

三角形の園舎も、はっきりと分かるようになり、その側面も見えるようになりました。

dav

近くで見てみると、窓のまわりに赤い円が描かれているのが分かります。

しかも6ヵ所!

この配置、何か見覚えがありませんか? ;-)

dav

そう、六文銭のかたちなんです!!!

5b0f21312645ef6d1af4d98fe1de2218_l
《写真:三光神社・真田幸村の像》

 

玉造という土地は、戦国武将・真田幸村ゆかりの地であるということから、

真田家の家紋である六文銭をイメージして、デザインされました。

玉造駅方面から歩いて来ると一番最初に目に入りますので、

六文銭の窓を目印にお越しくださいね :-)

建設現場より⑤

|

ゆめ玉造保育園の屋上にレンガが運び込まれました。

職人さんの手によって、ひとつひとつ積み上げられていきます。

sdr

屋上・レンガ、そしてこのかたちを見たら、何が作られているか、もう分かりますね!

今年の12月が楽しみですね ;-)

建設現場より④

|

先日、園舎を覆っていたシートが外され、目印の赤い屋根が見えるようになりました!

sdr

JR環状線の車内からもよく見えそうですね。

内回りだと、玉造駅に到着する少し前、進行方向の左側、

外回りだと、玉造駅を出発した後すぐの、進行方向の右側です。

それぞれ注目してみてくださいね :-P

建設現場より③

|

だんだんと園舎のかたちが分かるようになってきました。

sdr

こちらは三角の先の方。

今は普通のコンクリート塀ですが、ここにも楽しく遊べる仕掛けを作る予定です ;-)

sdr

今日もいろいろな種類の電車が通ります。

早くこどもたちにも見てもらいたいですね!