パイナップルってどんなかたち?

先日のおやつは、パイナップルとみかんの入った杏仁豆腐でした!

杏仁豆腐の中に入っているフルーツはすでに切ってあるため、
切ってない果物ってどんなかたちかな?見てみよう!ということで、
給食の先生が大きなパイナップルを持ってきてくれました!✨

食材に触れて、食材を知ることで、より食に興味をもってもらう。
そうすることで食べられる食材が増えたり、苦手な食材も少し食べてみたり…
保育で大切にしている「食育」は、実はSDGsの”2”の『飢餓をゼロに』の目標の中にある
『フードロスを減らす』ということと深く重なり合っているんです(^O^)

実際に、おやつの前に各クラスで触ってみましたよ♬

「パイナップルって、切る前はこんなかたちなんだ~!!」と
目を輝かせていた子どもたち(*^^*)✨

恐る恐るパイナップルを触ってみると…
「ちょっとチクッとする!」「トゲトゲだ~!」と大喜び!
乳児さんも、ちょんちょん♡と触る姿が可愛かったです!♡

そしてパイナップルを匂ってみると、と~っても甘い匂いが!♡
「いいにおいする~♡」「おいしそう~!!」と早く食べたそうな子どもたち♡(笑)

実際に触って、匂って、五感でパイナップルを楽しんだ後のおやつでは、
「パイナップルおいしい~!✨」と、いつもよりもどの子も嬉しそうでした(*^^*)